Roasting Intelligence (RI4) - はじめに

このマニュアルはCropsterローストを使用してあなたの最初のローストを上手に実行する方法を説明します。

下部にはローストプロファイルの割り当て、生豆インベントリーの入力に役立ついくつかの重要な推奨事項があります。 これはCropsterローストを最大限に活用し、ローストの一貫性を最適化、生産統計を追跡管理、また効率的なワークフローを生み出す基本的な必要条件です。

重要:  RIソフトウェアがダウンロードおよび環境設定され、コンピューターが焙煎機へ直接接続されている(プラグアンドプレイ・インテグレーション)、またはUSB経由でCropsterコネクター(データブリッジ)に接続されていることを確認してください。 RIのインストールについてサポートが必要な場合は、正しいマニュアルこちら</ 0>を参照、まだは support@cropster.com にお問い合わせください。

ロースティング・インテリジェンス(RI)

ロースティング・インテリジェンス(RI) トレーニングビデオ

このビデオはRIを活用して行う初めてのロースト基礎事項を説明します。 詳細については、以下のマニュアルをご覧ください。 

  • Windows:プログラムファイルの“Cropsterロースティング・インテリジェンス”を探してください。
  • Mac:アプリケーションの“Cropsterロースティング・インテリジェンス”を探してください。

どちらの場合でも、すでにショートカットがデスクトップ上にある場合があります。 ダブルクリックをして開始しましょう。

RI - プレ・ロースティング

初めてRIを起動する際、以下のセクションが見つかります:

  1. メニュー
  2. 生産セクション:チームメンバー(=今日'のロースター)と今日'の生産履歴がここに表示されます。
  3. ローストセクション:焙煎するプロファイルと生豆インベントリーをここで選択できます。
  4. 測定セクション:リアルタイムで温度と焙煎機の測定値を表示します。

RI4 - プレ・ロースト画面

トラブルシューティング - 測定値が表示されない

  • 右下に温度やその他の焙煎機の測定値が表示されません'か? 
    アプリケーションメニューに移動し"アカウント> 設定> 機械をクリックして、機械の設定を確認してください。 
    表示されていない値を見つけて、チャネルが有効にされているか、値とチャートが“ビジブル”としてチェックされているかを確認してください。
  • お探しの測定値が見つかりません'か? 探している測定値はどれも表示されませんか? 
    オンラインプラットフォームにログインして、"ギアのマーク> 機械" をクリックして機械の設定に移動してください。 そこからRIで表示する測定値を選択できます。

RI - ロースティングの開始

注意: RIを初めて使用する際、最初のローストに使用する為、テストプロファイル“プロファイル #1” とテストロット“生豆 1” があります。 テスト焙煎終了後、直ぐにあなたのローストプロファイルを作成し、あなたの生豆インベントリーを設定することをお勧めします。 

  1. 生産セクションからロースター<0>前を選択して下さい。 
  2. "プロファイル"を選択(例、プロファイル#1)
  3. 生豆インベントリー"を選択(例、生豆1)
  4. 開始総重量" を入力して下さい。 
  5. これにより、スタートボタンがアクティブになります。 ホッパーに生豆を入れて下さい。
  6. " スタート" をクリックして下さい。
  7. スタートボタンを押してから30秒以内に、ロースター  に生豆を投入して下さい。 焙煎が開始されます。  

デフォルトで、クロップスター'の自動開始および終了検出が有効になっているため、最初にローストの記録を開始してからコーヒーを投入できます。 クロップスターは温度の低下を検出し、実際の焙煎開始をマークします。 焙煎終了の検出についても同様です。 この機能はアカウント> 設定> 一般"</ 0>から編集できます。 

RI - ロースティング中

RI4 - ロースト画面

ロースト画面で次の情報を確認できます:

  • 利用可能な温度カーブとその値がチャート右側にあります
  • すべての温度カーブの温度上昇率(有効にされている場合)
  • ガス、圧力、回転などの利用可能な機械インプット(機械と接続による)
  • グラフ下部のモジュレーション・チャート
  • 右下の焙煎所要時間
  • 変調段階タイマー(コメント" 色の変化" および"1ハゼ" を追加することで作動します)
  • イベントボタン

アカウント> 環境設定” から画面に表示する上記の情報を編集できます。

イベントのマーク付け/コメントの作成

  1. グラフ上をクリックして、コメントフィールドを開きます。
  2. コメントフィールドがポップアップします。 カスタムコメントを作成するか"色の変更" または"1ハゼ" などのイベントボタンをクリックして、あなたの焙煎に記録する情報を入力しましょう。 コメント/イベントは、グラフ上に赤い縦線で表示され、分析するために保存されます。 
  3. サイドバーの見出し"コメント" 横にある"歯車のマーク" をクリックして、コメントフィールドをカスタマイズできます。 可能なコメントの一部は次のとおりです: 
    • 色の変化:色の変更をクリックして、メイラード・フェーズの開始をマークしましょう。
    • 1ハゼ:1ハゼをクリックして、デヴェロップメント・タイマーとデヴェロップメント・タイマー%追跡を開始しましょう。
    • ガス:クロップスターを介した自動ガス・トラッキングをサポートしていない場合、このボタンを使用して手動でガスの変化を追跡できます。 コメントボックスにユニットを除いた番号(例、40%の場合は40)を入力し、"ガス"を押してコメントをマークしましょう。
    • 空気:コメントボックスにユニットを除いた番号(例、20)を入力し、"空気"を押してコメントをマークしましょう。
    • コメント:その他の情報については、コメントボックスに書き込み"コメント" を押してください。 

      既存のプロファイルでロースティングしている場合、ガスのコメントなどの情報が事前に入力されているため、今後の予定を常に把握できます。

注意:焙煎終了後もコメントを追加できます。 小さなタイマーをクリックして、コメントを表示するタイミングを編集し、コメントを入力しましょう。

RI - ストップしロースティングを終了

焙煎の終了方法は2通りあります: 

  • フラップを開く:クロップスター RIは自動開始および終了機能を備えています。 フラップを開いた後、冷気がローストの終了を誘発させます。 
  • "Sトップ" ボタンを押して"認決定" をクリックしてください(3秒以内) 

ローストの保存前に、 ロースト時間、最終重量、色の数値、メモなどを追加してローストしていたプロファイルを調整できます。

関連情報をすべて入力後、"保存"をクリックして、ローストをあなたのCropsterオンラインアカウント(csar.cropster.com)と同期して下さい。

注意:ロースティングを保存した後、ロースティング・カーブを編集することはできません。 

RI4 - ポスト・ロースト画面

Cropsterロースティング・インテリジェンスでテストデータを使用した最初のローストを追跡できました。おめでとうございます!

C-sar - ローストの管理

最初のロースト後、クロップスターオンラインプラットフォーム C-sar へログインしローストの確認、参考カーブの設定、プロファイルと生豆インベントリーの設定をお勧めします。

C-sar - 参考のレヴューと設定:ダイレクト・メソッド

  1. C-sar にログイン。
  2. メニューバーの"焙煎"" をクリックして下さい。
  3. 完成した焙煎をクリックしてください。
  4. 選択した焙煎詳細がすべて表示された新しいウィンドウが開きます。 
  5. 焙煎を参考ローストに設定するには"参考としてマーク" をクリックして下さい。 黄色の星は、参考カーブが正常に設定されたことを表しています。

C-sar - 参考のレヴューと設定:ロースト比較を使用

この機能は、複数のローストを見ながら比較する際に必要になる主要なツールです。

  1. C-sar にログイン。
  2. メニューの"焙煎" をクリックして下さい。 
    RI内からのショートカット:"リンク> ロースト"
  3. ボックスをチェックして、リストから比較する完成したローストを選択しましょう。
  4. 焙煎 比較” をクリックして下さい
  5. ロースト比較レポートが開きます。 選択したすべての焙煎詳細が表示されます。
  6. ガス”、“ コメントの表示” をクリックして詳細に関するローストカーブ
  7. 参考カーブを設定するには、ロットIDの左側、またはチャートの右側にある"" マークをクリックしてください。

ロールティング・インテリジェンスへ戻る

ロールティング・インテリジェンスを開く

  1. 参考カーブ情報を取得し、次回バッチ実行前に理想的なローストのレヴューをするには“アカウント> をサーバー” と同期をクリックしてください。 
    追跡された関連するすべての重量、時間、温度、ガスの変化、ローストイベント、色、センサー値がロースト中に記録された場合、ここに表示されます。

参考カーブで焙煎を繰り返す

  1. "開始" をクリックして焙煎を開始して下さい。 
  2. ロースティング画面の背景に参考ローストのカーブが表示されます。 

おめでとうございます! RIでローストを正常に追跡し、テストデータを使用した参考カーブを設定しました。

次に、独自の生豆インベントリーを設定< 0>して、独自のプロファイルを準備しましょう。これにより独自のロースト生産データ、参考プロファイルの作成、また品質の一貫性を管理しながらあなたのロースタリーを最適化できるようにします。

クロップスターのご利用ありがとうございます! フィードバック、質問、または問題がある場合は、担当者または、 support@cropster.com に直接送信してください。 
ユーザーのフィードバックに基づいてソフトウェアを設計および改良しています。あなたの意見をお待ちしています!